Mac repair & enhancement records.

異臭が置きて電源が入らなくなってしまった。【iMacG5 M9249J/A】

異臭が置きて電源が入らなくなってしまった。【iMacG5 M9249J/A】機種・本体仕様・スペック:iMac G5 (17-Inch) 1.8GHz/1.5GB/80GB/10.3.9

症状・ご申告内容:本体から異臭がした後、起動しなくなってしまった。現在は電源自体が入らない。

初期検証結果:電源ユニットが故障した事により、電源が入らなくなっていました。
 また、焦げ臭い異臭は電源ユニット右のファン(CPUファン)から発生していました。電源ユニットとCPUファンの交換が必要です。

弊社内修理内容:電源ユニットとCPUファンの交換修理を行ないました。お客様が背面の熱を気にされていたのですが、ファン交換で改善したと思われます。
 尚、この頃のiMacG5の仕様なのですが、光学ドライブからディスクを排出する際にディスクが飛び出してくるので、注意が必要です。

(ID:12630-001)
ご相談はアーストまで
Mail : mac@arst.jp
Tel : 03-3709-9993


コメントを残す