Mac repair & enhancement records.

【起動時に進入禁止マーク】PowerMacG5 M9455J/A

【起動時に進入禁止マーク】PowerMacG5 M9455J/A 

機種・本体仕様・スペック:Power Mac G5 (June 2004) 2GDP メモリ2.5GB(6枚) HDD160GB OSX10.3.9

症状・ご申告内容:起動時に禁止マークやカーネルパニックが起きる。元々10.3だったので、OS10.5へのアップグレードも行ないたい。

初期検証結果:ご申告の症状の主な原因はロジックボード及びCPUに、搭載メモリの故障によるものでした。
各不良パーツの交換が必要ですが、それに加え内蔵ハードディスクにも損傷があり、このまま使うのは厳しい状態です。

弊社内修理内容:正常なロジックボード及びCPUを手配する為、代替機本体ごとを用意し、そちらにパーツを移行しました。
内蔵HDDは新品の500GBのものへ載せかえデータの移行をし、メモリも1GB追加、内蔵電池の交換も行ないました。その上でOSは10.5.8 Leopardにアップグレードしました。

OSアップグレードに伴い、Classic環境及びそのアプリケーションが使用出来なくなりましたが、Safari等がアップデート出来る上タイムマシンが使用出来るようになった為、より便利にお使いいただける事となりました。

(ID:07511-003)


コメントを残す